スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
引かない騎手その2
2007 / 07 / 05 ( Thu )
昨日逃げると決めたら引かない騎手を
書きましたが、逃げ馬騎乗時のオマケを書きます。

そもそも、引く引かないの前に逃げ馬騎乗時は
人間関係を大事になってくるようです。

例えば福永祐一。昨日も書きましたが、逃げるペースを
作らせたら抜群の騎手で、逃げ粘る事もしばしば。
彼は引かない騎手ではないが
彼が逃げ馬騎乗時で先頭で逃げてる時はなぜか、誰も競り掛けない。
マイペースで逃げれる事が不思議と多い騎手。
それは、彼の人柄と、騎手間の関係から来るのではないでしょうか。
先に上げた引かない騎手、藤田辺りも彼が逃げてる時は、
めったに競りかけません。逆に藤田が逃げてる時は福永は
絶対競り掛けないですが。

もっとも福永だけでなく誰も藤田には競り掛けないですが。
だから藤田が逃げ馬騎乗時はペースが落ち着く事が多いです。
さすが外人ジョッキーにまで恐れられてる藤田。

関東では柴田善臣。関東で彼が逃げてる時競り掛ける
騎手はほとんどいません。それはエージェントランク、
騎手間のランクというか立場から彼が関東の王様。
誰も逆らいません。もっともメインでは関西騎手、外人ジョッキーが
多数出走するため、柴田神通力は通用しないため、
メインでの成績が振るわないのです。

藤田の柴田の2人は以上の理由から差し、追込み馬より
逃げ馬での勝率、連対率とも抜群にいいはずです。
この2人は逃げ馬騎乗時はねらい目とも言えます。

また、逆に他の騎手に競り掛けられやすい騎手もいます。
その代表が吉田豊、彼も引かない騎手ですが
一匹狼的なキャラクターの彼は他の騎手との人間関係が薄い為
逃げ馬騎乗時は他の騎手より競り掛けられやすいようです。
又、後藤との確執、木刀殴打事件は有名な所。
後藤と吉田豊が同一レース騎乗で片方が逃げ馬騎乗時は
お互い競りかけて共倒れも多いです。

吉田豊は逃げ馬騎乗時は楽に逃がしてもらえない為、
藤田、柴田と逆にマークの薄くなる差し、追込み馬が
ねらい目と言えます。

引かない騎手はこれ位にして次は積極的に仕掛ける、
仕掛けが早い騎手。それは・・・

又、後日書かせていただきます。


ランキング参加中 応援お願します
20070430134600.gif
スポンサーサイト
22:05:26 | 平日の独り言(見解と回廊) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<本日の公開予想 | ホーム | 騎手の性格(特徴)からレース展開を読む>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ryukyuyumebakenn.blog100.fc2.com/tb.php/74-512d415a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。