スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
騎手の性格による特徴
2007 / 07 / 19 ( Thu )
武豊・・・言わずと知れたトップジョッキー
安藤勝己・中央移籍のパイオニア、現在、武と双璧のトップジョッキー

しかし、この2人の騎乗法は大きく異なります。

武は「豊マジック」と言われる騎乗をするのでも分かるとうり、
頭で騎乗するタイプ。
その時のメンバー、天候、馬の能力、ありとあらゆる事を
想定し、その時のベストな騎乗を考え実践します。
例えば、G1のトライアルレースは既に出走権のある馬に騎乗
する事の多い武にとってはG1で勝つための騎乗法を試す場。
今年の弥生賞などその典型。アドマイヤオーラを
今までどうり最後の直線勝負では先に仕掛けて、
最後の直線でもオーラと変らない脚が使える
フサイチホウオーには勝てない。
そこでオーラをこのレースで早く動かしたようのではないか。
結果はココナツパンチに首差。後の戦歴を見るとココナツも
力のある馬だが、やはりオーラは最後の末脚に賭けた方がいいタイプ。
中山より東京が合うタイプを馬だと分かったと思います。
そして、結果は、案の定、皐月賞4着、ダービー3着。
結果だけ見ると大差ないようにも見えるが、ダービーは岩田騎乗。
「たら、れば」になるが、つくづく武ならと思います。
岩田がG1も差し馬も東京も割り引いて考えた方がいい騎手だけに

たいして、安藤勝は自分の得意な型を持っているタイプ。
型にはまれば抜群の強さ。しかし、嵌らなければ以外と脆い所も。
安藤の代表的なレースはキングカメハメハで勝ったダービー。
地方の出身らしくコーナーリングが巧い。馬を追うのも巧い。
先行馬だろうが差し馬だろうがコーナーで加速して、4コーナーを
回るころには6番手以内につけてイッキに差しきる。
これがパターン。武のように4角7番手以下はめったにない。
仕掛けのタイミングも抜群。これが強さの秘訣だろう。

ただ、安藤はベテラン、武も40才目前、天才も中年になってしまった。
騎手の職業病は腰痛らしい。2人とも今年に入って少し騎乗を
減らしてるように思えるが職業病と関係あるのか、関係していたら
今年のリーディングは岩田に決まり?
超人的な騎乗数、馬もいい、勝利数もかなり増えるはず。でもG1は?
スポンサーサイト
23:47:03 | 平日の独り言(見解と回廊) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新潟3日目の公開予想 | ホーム | 騎手の性格による特徴その5>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ryukyuyumebakenn.blog100.fc2.com/tb.php/90-a6c10c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。