スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
エージェントその2(エージェントの成り立ち)
2007 / 07 / 26 ( Thu )
エージェントはフリー騎手誕生から始まった。

日本初のフリー騎手は誰あろうあの岡部幸雄だった。
確かにそれまでも、どの厩舎にも所属していない、
フリー騎手はいたが、その多くは厩舎とトラブルを起こし
放り出されて、しょうがなくフリーになった騎手達だった。
当然、勝利数も増えるわけがなく減る一方だった。

そんなフリー騎手にマイナスイメージが付いている時代に
岡部はあえて勝利数を上げるための攻撃的フリー宣言をした。
だから岡部が元祖フリー騎手と言っても過言ではない。

岡部のフリー宣言は大成功。
能力のある馬がたくさん集まってきた。
昔から馬7:人3と言われるくらい乗り馬の能力は重要。
いい馬に乗れればそれだけ勝つことができる。
勝利数が増えていくと、新たな能力馬の騎乗依頼が舞い込む。
このような好循環が生まれる。岡部はそれに成功した。
しかし、騎乗依頼が増えるとそれを管理するのがあまりに大変だった。

そこで岡部は仲のいい記者に騎乗馬の管理の手伝いをお願いした。
それが日本でのエージェントの始まりだった。

それから、岡部に騎乗依頼をするためには・・・


                 続きは後日

スポンサーサイト
21:57:37 | 平日の独り言(見解と回廊) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<5月28日の公開予想 | ホーム | エージェントその1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ryukyuyumebakenn.blog100.fc2.com/tb.php/98-0ccb0ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。